2016年08月26日

似ているけれど違います

160823-syureigeruaogaeru.jpg

葉っぱの上に可愛いアマガエルが・・・と思ってよく見てみると、正体はよく似たシュレーゲルアオガエルでした。姿は似ているのですがシュレーゲルアオガエルは虹彩が金色をしており、アマガエルにある耳から鼻にかけての黒い線が無いことで見分けられます。ちなみにシュレーゲルと言う外国人の名前がつけられていますが昔から日本にいた在来種です。

撮影場所 田んぼの交差点からダルマガエルの交差点
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:38| 両生類

2016年08月24日

モンクロシャチホコ大集合

160824-monnkurosixyatihoko.jpg

上池の脇にあるアズキナシの葉裏にびっしりと付いた幼虫を見つけました。モンクロシャチホコの幼虫です。 幼虫は春先の若く柔らかい葉ではなく、硬くなった葉っぱを食べる変わり者です。今日見られた幼虫は体が赤かったので弱齢幼虫のようでした。たくさんの幼虫が集まって身を寄せ生き延びていきますが、このうちのどれだけが成虫になり、また出会えるでしょうか。

撮影場所 キビタキの交差点から上池の交差点
(写真・文 長縄)
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:27| チョウ目

2016年08月23日

にょろにょろ日和

ヌマガエルを捕食しようとしているシマヘビ

今日の外周コースはたくさんのヘビに出会いました。アオダイショウ、ヤマカガシ、シマヘビ、みんな獲物を探しているようでした。写真のシマヘビはヌマガエルを追いかけ後肢をくわえるところまでいったものの、この後逃げられてしまいました。今日はほかにニホンイタチ(よくヘビを捕食しています)も何度も目撃しました。ヘビの世界もきびしいようです。

撮影場所 大石の交差点から田んぼの交差点
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:29| 爬虫類