2018年04月19日

木の葉隠れの術

ワカバグモ

何かチョウの仲間の卵はないかと観察していたイボタノキの葉の上で、じっと獲物を待っていたワカバグモ。本当に若葉そっくりの色合いで、知らずにつかんでしまいそうになりました。オスと思われますが、成体になると前二対の脚の付け根が茶色になるので、まだ未熟な、若葉マークのワカバグモなのでしょう。

撮影場所 ヒキガエルの交差点からヒメタイコウチの交差点
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:25| クモ目

2018年04月18日

おひさまの温かさを楽しんで

IMG_5906 (2).jpg


気がつけば、青空に変わっていました。昨日から降り続いた雨の間、じっと我慢をしていたのでしょう。シオヤトンボのオスが、木の上で気持ちよさそうに休んでいました。他の昆虫たちも飛び回り、夏鳥のさえずりも森のいたる所で聞こえてきました。


撮影場所 ヨシの湿地
(写真・文 石川)
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:57| トンボ目

2018年04月17日

色々食べます

180417-kanokoga.jpg

現在ネイチャーセンターの2階で行っている土壌動物の展示の作成のために土の中の生き物を探していたところ、こちらの茶色い幼虫が見つかりました。6月ごろから成虫が見られるようになるカノコガの幼虫です。以前は草食と考えられていましたが、その他にも落ち葉や虫の死体など色々なものを食べて成長します。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・小池 文・山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:44| チョウ目