2017年01月24日

意外と軽快です

170124-ikaru.jpg

「あ!イカルだ!」イカルが1羽飛び立ったかと思うと、その後から次々とイカルが続いて飛び立ちました。群れが向かう先はエノキの木です。イカルはその大きな黄色い嘴でエノキの実をパチパチと割りながら食べていました。鈍重そうな体型ですが逆さを向いて食べたりと意外にも軽快に動く姿が見られました。

撮影場所 市木の交差点
(写真・文 長縄)
posted by 豊田市自然観察の森 at 12:56|

2017年01月21日

割れ目にひっそり

170121-kumononakama.jpg

1月28日に行われる「冬の生き物観察会」に向けて目を皿のようにして越冬中の生き物を探していると、木の割れ目に身を潜める小さなクモを見つけました。体色は幹の色にそっくりでうまく身を隠しています。あまり生き物の気配を感じない冬の森もゆっくりじっくり観察すると様々な生き物に出会うことができます。

撮影場所 ネイチャーセンターの交差点からヤブムラサキの交差点
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:26| その他

2017年01月20日

爆発フランクフルト

ガマ 花穂

池の中にフランクフルトが立っている!と夏のあいだ、主にこどもたちの話題をさらったガマの花穂。果実がすっかり熟し、穂綿で風に乗って遠くへ旅するため、花穂全体がぼそぼそとほぐれてきました。少し見ている間にも強い風が吹き抜けると白い穂綿がふわふわと風に舞っていました。

撮影場所 ヨシの湿地
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 12:16|