2018年08月19日

いいものないかな

ヤマガラ

今年の酷暑を森の中のどこでやりすごしていたのか、あまり気配を感じなかった小鳥たちを再びよく見かけるようになってきました。今日はつどいの広場にヤマガラが集まり、まだ青いエゴノキの実をとったり、きょろきょろしながらあちこちで食べ物を探していました。たくさん栄養をつけてほしいと思います。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:48|

2018年08月18日

涼しげな色

P8181865(2.jpg

7月10日にご紹介しましたアオバハゴロモの幼虫が、成虫の姿で見られるようになりました。綿あめのようにふわふわしている幼虫の時とは、違った印象を受けます。翅(はね)の淡い緑色に涼しさを感じました。成虫の体長は、1pほどで小さいです。幼虫の時に出したロウ物質で、白くなった枝や茎の近くを観察してみると、成虫が見つかるかもしれません。

撮影場所 ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
(写真・文 石川)
posted by 豊田市自然観察の森 at 13:35| カメムシ目

2018年08月17日

森で見かける小さなあの子

180815-himeakane.jpg

昨日までの暑さから一転し、さわやな秋の風が吹き抜けた森の中では小さなトンボを見かけることが多くなりました。名前はヒメアカネ。写真の個体はオスなので腹部が赤色をしていますが、未成熟のオスやメスの腹部はくすんだオレンジ色をしています。小さなトンボに秋を感じました。

撮影場所 ヒキガエルの交差点からヒメタイコウチの交差点
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:15| トンボ目