2020年09月25日

キラキラ光る三つ編み

200925-haigoke.jpg

ハイゴケの仲間が雨水でキラキラ光っていてとてもきれいです。ほふく性で地面を這うように増えていくのでハイゴケという名前がついたといわれています。茎からやや規則的にはえた枝には葉がびっしりと編み込まれるように並んでいて、なんだかたくさんの三つ編みをつけているように見えました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 倉知)

★10月4日(日)〜11日(日)はとよた生きものウィーク! 豊田市のさまざまな自然を楽しく学んでみませんか?
とよた生きものウィーク

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。

posted by 豊田市自然観察の森 at 16:18| その他

2020年09月24日

ムカゴニンジン座、キアゲハ公演

ムカゴニンジンとキアゲハ幼虫

トンボの湿地のあちこちに白い霞(かすみ)のように咲くムカゴニンジンはセリ科の植物で、時にキアゲハの幼虫が見られます。黒・橙・緑の三色の体色は歌舞伎座の定式幕(じょうしきまく)を思い出させ、見るたびに頭の中に拍子木が鳴り響き、からだを少し反らしたポーズは見栄を切っているようにも見えてきます。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 小池)

★10月4日(日)〜11日(日)はとよた生きものウィーク! 豊田市のさまざまな自然を楽しく学んでみませんか?
とよた生きものウィーク

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:00| チョウ目

2020年09月23日

マラカスきのこ

200923-mantokarakasatake.jpg

地面からが白い卵型のキノコがはえていました。マントカラカサタケの幼菌です。傘がまだ開いていないので見た目は楽器のマラカスのようです。高さはひざ丈ほどあり、本当にキノコ?と疑ってしまうくらい大きく、変わった形をしています。これから傘が開けば、ごく普通のキノコらしい姿になっていきます。

撮影場所 市木の交差点からツリバナの交差点
(写真・文 倉知)

★10月4日(日)〜11日(日)はとよた生きものウィーク! 豊田市のさまざまな自然を楽しく学んでみませんか?
とよた生きものウィーク

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 12:50| その他