2020年09月23日

マラカスきのこ

200923-mantokarakasatake.jpg

地面からが白い卵型のキノコがはえていました。マントカラカサタケの幼菌です。傘がまだ開いていないので見た目は楽器のマラカスのようです。高さはひざ丈ほどあり、本当にキノコ?と疑ってしまうくらい大きく、変わった形をしています。これから傘が開けば、ごく普通のキノコらしい姿になっていきます。

撮影場所 市木の交差点からツリバナの交差点
(写真・文 倉知)

★10月4日(日)〜11日(日)はとよた生きものウィーク! 豊田市のさまざまな自然を楽しく学んでみませんか?
とよた生きものウィーク

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 12:50| その他