2020年10月28日

クロジ登場

クロジ

やぶの中から、チ、チ、と小さな声が聞こえてきます。寒い季節にチッ、チッ、と鳴く鳥は数種いますが、この澄んでいてどこかはかない感じはクロジの声です。細い木が密集したところなどを好み、鳴き声をよく聞くわりに姿を見かけません。よーく目をこらすと、今日は遠くの茂みを飛び回るかわいい姿をみつけることができました。

撮影場所 ヒキガエルの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:23|

2020年10月27日

ドングリくわえてどこ行くの?

201027-kakesu.jpg

最近、ジェーというカケスの鳴き声をよく聞きますが、今日は数羽のカケスがコナラの木でガサガサと何かしていました。くちばしにはドングリをくわえています。みんなでエサを探しているところだったようです。冬に備えてドングリ類を木の幹や地面に隠す習性があるので、これからどこかへ隠しに行くのでしょうか?

撮影場所 ヤブムラサキの交差点からアベマキの交差点-1
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 10:56|

2020年10月25日

色が変わるバッタ

IMG_4136 (2).jpg
バッタを見かけることが少なくなってきたつどいの広場で見つけたのは、涙を流したような模様が特徴のツチイナゴです。幼虫は全身緑色ですが、成虫になると黒と茶色と緑が縞になったような複雑な模様になります。なぜツチイナゴは成虫になると色が変わるのか、調べたところツチイナゴは成虫で越冬するバッタです。もしかしたら枯れ葉の中にいても目立たないためなのかもしれません。

撮影場所 つどいの広場
(写真・文 池淵)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:07| バッタ目