2021年01月09日

フカフカのフクラスズメはガの仲間

フクラスズメ

成虫で越冬するガ、フクラスズメは冬に家屋に入ることがあり、館内でも見かけます。はねを閉じた状態で4.5cmほど、黒っぽい姿はいやがられてしまうこともありますが、おなかは白い毛でフカフカ、下のはねには青く輝く模様があり、とても魅力のあるガです。館内でも越冬に失敗する個体は多く、冬とはかくも厳しいものかと思います。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:04| チョウ目

2021年01月08日

あ!モズだ!

210108-mozu.jpg

枝に鳥がとまりました。遠くからだとジョウビタキのメスにも見えましたが、なんだか違うようです。そっと近づいて観察すると、くちばしが猛禽の仲間のような形をしています。モズのメスです!くちばしの他にも円を描くように尾羽をくるくる回す動きも特徴的なので見分けるポイントになります。

撮影場所 ヨシの湿地
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:27|

2021年01月07日

ただの枯れ葉じゃありません!

210107-sinnjusann.jpg

あそこにシンジュサンの繭(まゆ)がある!と先輩レンジャーが指さしました。はじめはただの枯れ葉に見えましたが、よく見るとくるっと巻かれた葉の中に繭があります。冷たい風に揺れる繭の中、蛹(さなぎ)の姿で暖かい季節を待っています。シンジュサンは大きくて美しいガです。羽化する5月頃が待ち遠しいです。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:14| チョウ目