2021年01月22日

テカテカの体

210122-yanisasigame.jpg

樹名板の裏にヤニサシガメの幼虫がいました。図鑑には体の表面が粘着物で覆われていると載っています。確かに体の表面がテカテカしていたし、細かい樹皮などもはりついていていました。自分の指にくっつくか確かめてみたくなりましたが、越冬中に触るのはかわいそうだと思ったのでやめて樹名板をそっと元に戻しました。

撮影場所 ネイチャーセンターの交差点からヤブムラサキの交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:19| カメムシ目