2021年02月16日

一足早く水温む?

本日分のトピックスをお届けします。
ヒヨドリ 水浴び

風は冷たくとも陽ざしに春を感じる日に、豪快に水を浴びるヒヨドリ。羽毛が水をはじき地肌はぬれないとわかっていても、やはり、真冬よりも暖かくなり始めてから見るほうがなんとなく安心します。水温む(みずぬるむ)は三月の季語ですが、一足早く水温むと詠みたい気持ちになりました。この後ここでシロハラも水浴びしていました。

撮影場所 シダの交差点からヒキガエルの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:12|

穴の中からおはよう!

先週の日曜日はインターネットの不具合があり投稿ができなかったので、その日の出来事を紹介します。
210214-higasinihontokage.jpg

今日はぽかぽかと暖かい一日でした。冬眠していたヒガシニホントカゲも目を覚ましたようです。何匹かが斜面にある水抜きのパイプの中から顔を出していました。のんびりしているように見えたので近づいてみると、すばやく穴の奥へ隠れてしまいました。春を待っていた生き物たちが動き出しているのを感じ、わくわくする毎日です。

撮影場所 ネイチャーセンター駐車場からトンボ池の交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 10:53| 爬虫類

2021年02月13日

イカルの声に上を見て

イカル

キーコ キー とよく通る独特の声がして、そのあとキュッキョッとつぶやくような声が続きました。声も姿も趣深く愛らしいイカルはけして珍しい鳥ではないのですが、小群をつくって木のてっぺん辺りにとまっていることが多く、高木の多くなったこの森ではなかなかゆっくり観察することができません。まずは声を頼りに探してみてください。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:30|