2021年03月11日

春の一番星

P3112216 (2).jpg

ヤマウグイスカグラが咲きはじめています。1〜2cmほどと小さいですが、近くでじっくり見てみると可愛らしい形をしています。横から見るとラッパのような形で、下から覗きこむとピンク色のお星さまのようです。今はまだ高い枝先でいくつか花開いているだけですが、これから低い所のつぼみも開きはじめます。4月頃までは花を見ることができるので、色や形を楽しみに来てください。

撮影場所 シダの交差点 (写真・文 池淵)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:09|

2021年03月10日

よく頑張りました

210310-tengutyo.jpg

暖かくなり、チョウの仲間も飛びはじめました。今日は、頭の突起が天狗の鼻のように見えるテングチョウに出会いました。テングチョウは成虫の姿で越冬するチョウです。厳しい季節の乗り越えたせいか、翅(はね)は少しボロボロに見えますが、そんな姿によく頑張ったねと声をかけてあげたくなります。
 
撮影場所 シダの交差点からヒキガエルの交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:43| チョウ目

2021年03月09日

田に広がるコオニタビラコ

コオニタビラコ

ここにひとつ、あそこにひとつ、ぽつぽつと耕起前の水田に咲き始めた黄色。春の七草の「ほとけのざ」はこのコオニタビラコのことだといわれています。水田のなかを好むため、春が深まり田植えの準備が始まると土にすき込まれて見えなくなる、いわば「期間限定」の植物です。それでも、毎年葉や茎をのばし花を見せてくれます。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:30|