2021年04月06日

おっとっと!

210406-tumaguroooyokobai.jpg

ツマグロオオヨコバイは名前の通り横向きに這って移動し、枝や葉の裏側に隠れます。その姿がとてもかわいいです。今日出会ったツマグロオオヨコバイも枝の裏側に隠れようとしていましたが、枝がとても細く、バランスを崩しておっとっと!見ているこちらもひやひやしました。

撮影場所 つどいの広場
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:12| カメムシ目

2021年04月04日

ホウチャクソウの傘とベッド

ホウチャクソウとガの仲間の幼虫

やわらかくあたたかい春の雨が降る薄暗い森で、ほころび始めたホウチャクソウの新芽とつぼみのかげに、ガの仲間の小さな幼虫が雨宿りするように隠れていました。ホウチャクソウは例年、4月下旬頃から花が見られるはずで、今年の春のはやさは驚くほどです。もしかして食草を食べそびれる幼虫がいるのでは、と余計な心配をしてしまいます。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:56|

2021年04月03日

なかなか読めない 次郎坊延胡索(ジロボウエンゴサク)

ジロボウエンゴサク

地面が薄紫に見えるほど咲いたジロボウエンゴサク。かわいい花ですが変わった名前です。延胡索(エンゴサク)は漢方薬としての名前、次郎坊(ジロボウ)は、スミレの仲間を太郎坊(タロボウ)として、同じく距(きょ:花の後ろに突き出た部分)をからませて引っ張りあう草相撲で遊ぶことから、などのさまざまな説があるようです。

撮影場所 ツリバナの交差点からモズの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:32|