2021年04月28日

つながる生きものたち

ムネアカオオアリとカイガラムシの仲間

ムネアカオオアリとカイガラムシの仲間がたくさん集まっていました。カイガラムシの仲間は甘い蜜を出し、それと引き換えにアリの仲間に外敵から守ってもらっています。ムネアカオオアリはこの森で最大級のアリで、見た目にはとても心強い味方のように思えますが、実際のところはどうなのでしょう、いちど、一日中観察してみたいものです。

撮影場所 ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:58| ハチ目