2021年05月18日

リバーシブル? ウラギンシジミ

ウラギンシジミ

ウラギンシジミはその名の通り、翅(はね)の裏が白銀のチョウですが、表も濃茶に赤味の強い橙(オス)(メスは薄水色)の紋が入った、とてもおしゃれなチョウです。翅を閉じたまま、あるいは開いたままでとまっていると、風景になじんで目立ちませんが、飛び立って羽ばたくとちかちかと光るように見えて遠くからでもよくわかります。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:56| チョウ目