2021年05月28日

星空職人

210528-samehadatubunomihamusi.jpg

見上げると、小さな穴がいくつも開いたアカメガシワの葉に太陽の光が透けてキラキラと光っています。よく見ると大きさが2mmほどのハムシの仲間が葉を食べていました。サメハダツブノミハムシです。アカメガシワの葉をまるで満天の星空のようにした犯人がこの小さな昆虫だと知った時、とても感動しました。

撮影場所 ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:26| コウチュウ目