2016年12月16日

春待ちロゼット

タンポポの仲間のロゼット ウラジロチチコグサのロゼット

身を伏せて冷たい風をよけ、少しでも多く日光を浴びるため葉を広げている状態の草を、ロゼットといいます。「バラの花」という意味の通り、放射状に広がった葉は美しさを感じます。写真はタンポポの仲間とウラジロチチコグサですが、たくさんの草が様々なロゼットを作るので、観察するのも楽しいです。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 12:04| その他