2018年03月02日

うきうき浮き沈み

ニホンアカガエル 幼生(おたまじゃくし)

今季は寒さが続いたせいかなかなか数が増えなかったニホンアカガエルの卵塊ですが、ここ数日の気温の上昇でどっと増え始めました。ひと月まえ、一番最初に産まれた卵は発生が進み、まるで海藻のひじきのような小さな幼生(おたまじゃくし)に成長して、水の中を上へ下へと泳いでいます。

撮影場所 シダの交差点からヒキガエルの交差点
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 10:40| 両生類