2018年07月25日

黒い瞳

トノサマガエル メス

大人の手のひらほどの大きなトノサマガエル。とても美しい個体です。鳥の仲間、ヘビの仲間、アライグマなど、カエルを捕食する生き物は多く、野生のトノサマガエルの寿命は3〜4年といわれていますが、もしかすると5年、それよりももっと、生き延びているのかもしれません。大きな黒い目がこちらを向くとどきどきしました。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:37| 両生類