2020年03月18日

冬を耐えました

キタテハ

成虫で越冬したチョウの仲間のひなたぼっこ、11日にご紹介したテングチョウに続いて、今日はキタテハです。この個体は上翅の一部でりん粉が取れ透明になっていて、長い冬を越えた風格を感じさせます。この写真では見えませんが、背中の長い毛は日光に当たると青みを帯びて光り、美しいです。

撮影場所 シダの交差点からヒキガエルの交差点
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:05| チョウ目