2020年08月29日

夏の終わりのムラサキツバメ

ムラサキツバメ

羽化から何日もたっていない様子の、傷のない美しいムラサキツバメに出会いました。ムラサキツバメは年に数回羽化しますが、いまごろに羽化するものはこのまま冬を越し、来年の春に産卵します。春先に出会うときにはいつもぼろぼろの姿なので感じ入るものがあります。この個体が生きて冬を越せるよう祈って別れました。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願い
posted by 豊田市自然観察の森 at 13:21| チョウ目