2021年01月30日

痕跡を追う 雪の日の愉しみ

水辺の足跡

一面の雪景色、こんな日の楽しみは普段は見えない動物たちの生活の痕を見つけることです。水辺でなにやらあったらしい複数のテンの足跡(写真)、いつもシロハラを見かける道には鳥の足跡、長い指の跡がはっきりしたアライグマに、梅の花のようなのはタヌキでしょうか(ノネコの可能性もあります)。昼にはもう雪が解けていつもの風景でした。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 13:08| その他