2022年02月23日

のんびりしましょ

アオサギ-トンボの湿地-220223-青木泰成.jpg

ニホンアカガエルの卵塊の様子を見にトンボの湿地へ行くと、何やら白く光る塊が園路に立っています。ゆっくりと近づいて確認してみるとアオサギです。陽の光を反射して羽が光って見えていたようです。日当たりの良い場所でリラックスしていたのか、こちらが近くにいても飛んでいくことはなく、のんびりとトンボの湿地を眺めていました。

撮影場所 トンボの湿地
撮影日 2月23日
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:13|

2022年02月04日

緊張の瞬間

ハイタカ-NC-220204-青木泰成.jpg

ネイチャーセンター上空で、一瞬きらりと何かが光りました。高木の枝にとまったそれを確認すべく、急いで双眼鏡を持ってきて見ると、そこにいたのはハイタカでした。きょろきょろと辺りを見ていたかと思うと、獲物を見つけたのか地面に向かって急降下!しかし特に捕まえられた様子もなく、近くの枝にとまって茂みの方をじっと見つめていました。

撮影場所 ネイチャーセンター
撮影日 2月4日
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:36|

2022年02月02日

紛れ込んだホシハジロ

220202-hosihaziro.jpg

上池でマガモの群れを観察していると、時々、群れの中に別の種類のカモが紛れていることがあります。今日、紛れ込んでいたのは1羽のホシハジロです。頭は赤褐色、くちばしは灰色で先端と付け根が黒色をしています。マガモの群れの真ん中で何度も潜水してエサをとる姿を観察することができました。

撮影場所 上池
撮影日 2月2日
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:37|

2022年01月28日

やっとの出会い

ツグミ-トンボの湿地-220127-青木泰成.jpg

冬鳥の1種であるツグミ。探していたものの今シーズンはなかなか見つからず、難しいかと思っていましたが無事観察できました。茂みの中で採食をしていたようで、近くを通りかかった時に枝に飛び上がってくれたおかげで見つけることができました。しばらくじっとこちらを見ていましたが、また茂みの中へと戻っていきました。

撮影場所 キビタキの交差点からサワガニの交差点
撮影日 1月27日
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:54|

2022年01月21日

今はヒタキ科の仲間です。

ジョウビタキ-つどいの広場-220116-青木泰成.jpg

ボランティアグループの「とよた自然わくわくクラブ」さんが、つどいの広場の草刈りをしてくれました。そんなつどいの広場にさっそくジョウビタキがやってきました。背の高い草がなくなったので地面におりて採食に夢中です。地面におりると意外と長い脚が際立ちます。昔はツグミ科に分類されていたのも、なんだか分かる気がします。

撮影日 1月16日
撮影場所 つどいの広場
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:39|