2022年05月25日

ワーオ!ぶんせきどーり!

IMG_0489.jpg

森の中を歩いていると、きれいな花に目が留まりました。下向きについた白い筒状の花が特徴のこの木はネジキという木で、その名の通り幹がねじれています。自然観察の森ではバッタの原っぱなどの明るく乾いた場所で見ることができます。ネジキといえば、私は苦い思い出のあるポケモンのキャラクターのネジキを思い浮かべますが、皆さんはどうでしょうか。6月上旬まで咲いているので、ぜひ見に来てください。

撮影場所 バッタの原っぱ
撮影日 5月25日
(写真・文 坂口)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。なお、野外の休憩所は開放いたしましたので、ご利用いただけます。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 18:11|

2022年05月11日

エゴノキが咲きました

エゴノキ

エゴノキの花が咲きました。白いつぼみもたくさん見られます。ネイチャーセンターの近くで観察でき、開花を楽しみにしている人も多いかもしれません。花が枝から垂れ下がるように咲くので、花の形を観察するときは上を見上げるようにすると観察しやすいです。上を見上げると気持ちも上向きになり、エゴノキの花に元気をもらいました。

撮影場所 つどいの広場
撮影日 5月11日
(写真・文 嘉山)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:08|

2022年04月27日

不思議な形の花

タンザワウマノスズクサ

カワセミの小屋付近を歩いていると、おもしろい形の花を見つけました。
タンザワウマノスズクサという植物で、春から夏の間に開花します。熱帯の花のように見えますが、日本の植物で、ジャコウアゲハの食草のひとつです。熟した果実が馬の首にかける鈴に似ていることから名前がついたようです。不思議な姿の植物をぜひ観察してみてください。

撮影場所 チゴユリの交差点からキビタキの交差点
撮影日 4月27日
(写真・文 嘉山)


★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:29|

2022年03月25日

春色のボール

ショウジョウバカマ-シダの谷-220325-青木泰成.jpg

シダの谷でビロウドツリアブを追いかけていると、ショウジョウバカマが開花しているのに気が付きました。木道からあたりを見渡すと、あちこちでピンク色の花が見つかります。シダの谷以外でもヨシの湿地でも観察することができました。これから森の中でも開花する株数がふえて、観察できるチャンスが増えていくと思います。

観察場所 シダの谷
観察日 3月25日
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:22|

2022年03月23日

クロモジも咲きました!

220323-kuromozi.jpg

開花する花々や固い冬芽を割って新しい芽が出てきている木も多くなり、森の中が華やかになってきました。クロモジも満開を迎えています。冬芽の周りを囲むように淡い黄色の花を咲かせており、冬芽から今年の新しい芽が少し顔を出しているものもありました。花や新芽を観察しながら森を歩いてみてください。

撮影場所 セミの交差点からヒメタイコウチの交差点
撮影日 3月23日
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:15|