2021年08月13日

雨の中でも咲いています イヌザンショウ

イヌザンショウ

雨が続きます。晴れた日にはハチの仲間やチョウの仲間がひっきりなしに訪れるイヌザンショウの花も、すっかり静まり返っています。ぽろり、ぽろりと落ちる小花を浴びながら、枝の下から見上げると、ところどころにコアオハナムグリなどコウチュウの仲間がいて、ときおり、からだに水滴をいっぱいつけたハチの仲間がやってきていました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 10:55|

2021年08月07日

空にむかってにょきにょき

ヤマノイモ-シダの谷-210807-青木泰成.jpg

シダの谷に、小さな白い球状をつけたつるが、空にむかって伸びていました。球状のそれを近くで見ると、ちいさなつぼみのように見えてきます。気になって調べてみると、なんとヤマノイモの雄花(おばな)でした!調べてみて知ったのですが、ヤマノイモは雌雄異株の植物なのだそう。今回は雄花を見れたので、雌花もぜひ見つけたいところです。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 18:05|

2021年08月05日

見逃すのはもったいない アオツヅラフジの花

アオツヅラフジ 雄花

アオツヅラフジは秋のブルーベリーに似た実がやはり魅力的ではありますが、今頃に咲く花も、小さく控えめながら、よく見るととても凝った作りをしています。写真は雄花で、6個のおしべが三角形に並び、先端に切れ込みが入った花弁が6枚、それを大きながくが囲んでいます。見落としがちですが、ぜひ、探してみてください。

撮影場所 モロコの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 13:35|

2021年08月04日

思わずため息が

210804-kusagi.jpg

オオルリの交差点でクサギが花を咲かせています。においをかぐと、思わずはぁ……と、ため息がでるくらい、いい香りがするこの花にはよくアゲハチョウの仲間が蜜を吸いに来ます。しばらく待ってみると、カラスアゲハが飛んできました。翅(はね)の美しい青色が見えるたびに、またはぁ……とため息が出てしまいました。

撮影場所 オオルリの交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:39|

2021年07月28日

涼しげな花

210728-himemikuri.jpg

今年もトンボの湿地でヒメミクリの花が咲いています。6月頃から咲き始め、今では実栗(みくり)という名前の通り、クリのような実だけがついた株が多いですが、まだ花をつけた株も残っています。花の色や形が私には氷や雪のように見え、観察しているだけでひんやり涼しい気分になりました。花が終わる前に、ぜひ観察しに来てください。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:46|