2022年07月22日

夏だ!プールだ!

シマヘビ

炎天下のトンボの湿地での調査中、ふと足元を見ると水の中にシマヘビがいました。こちらに気づくと泳いで移動を始めました。シマヘビはカエルなどを食べるため、水辺でよく見られます。すいすい泳いでいる姿を見ると、私もプールに入って泳ぎたくなりました。

撮影場所 トンボの湿地
撮影日 7月22日
(写真・文 坂口)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。なお、野外の休憩所は開放いたしましたので、ご利用いただけます。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 18:08| 爬虫類

2021年08月14日

カナヘビベイビー

210814-hihonkanahebi.jpg

チョロチョロッと私の足元を走り抜けていった小さな黒い影。ピタッと動きを止めたところにそっと近づくと、そこには今年産まれの小さなニホンカナヘビがいました。顔にかかった雨水をペロペロなめています。卵からふ化し始めたのか、最近小さなニホンカナヘビをちらほら見かけるようになりました。

撮影場所 つどいの広場
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:33| 爬虫類

2021年08月01日

垣間見るニホンイシガメ

ニホンイシガメ

朝から大変な暑さ、それをものともせず、ヨシの湿地ではトンボの仲間が飛び交っています。ギンヤンマの迫力ある争いの結果も気になるのですが、その下の水面に波紋がひろがりました。よーく目をこらしてみると、ヨシのあいだに、ニホンイシガメがいます。こちらに気づくとすぐに潜っていってしまいましたが、暑さを忘れる出会いでした。

撮影場所 ヨシの湿地
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:33| 爬虫類

2021年06月15日

まさかの瞬間

シマヘビーネイチャーセンターー210615ー青木泰成.jpg
ネイチャーセンター近くの草はらで、シマヘビを見かけました。よく見ると、ちょうどカエルを丸のみにしようとしていました!急いでカメラを持って戻ると、すでにカエルはのみこまれてしまい、シマヘビの胴体はぷっくりと膨らんでいました。しばらくの間、お腹を落ち着かせるようにじっとしていましたが、ゆっくりと茂みの中に消えていきました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:37| 爬虫類

2021年05月26日

蛇ににらまれて……

シマヘビーネイチャーセンターー210526ー青木泰成.jpg

ニホンアカガエルの幼生(オタマジャクシ)の様子を見に、アメンボの水盤(すいばん)に行きました。「今日も元気に泳いでいるなぁ」とのんびり眺めていると、ふいに視線を感じました。あたりを見渡すと、近くの茂みからシマヘビが静かにこちらを見ていました。おどろきのあまり動けずにいると、シマヘビはゆっくりと茂みの中へ消えていきました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:27| 爬虫類