2021年02月23日

ニホンカナヘビがカサカサッ

210223-nihhonkanahebi.jpg

カサ、カサカサッと、小さな音がします。何かいるかも!と思い見ていると、落ち葉の下から出てきたニホンカナヘビの幼体と目があいました。ニホンカナヘビも暖かくなってきたので動き出しているようです。毎年、カサカサッ!と急に動く時の音によく驚かされていますが、今年もそんな季節がもうすぐやってくるなと感じました。

撮影場所 ヒメタイコウチの交差点からセミの交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:14| 爬虫類

2021年02月16日

穴の中からおはよう!

先週の日曜日はインターネットの不具合があり投稿ができなかったので、その日の出来事を紹介します。
210214-higasinihontokage.jpg

今日はぽかぽかと暖かい一日でした。冬眠していたヒガシニホントカゲも目を覚ましたようです。何匹かが斜面にある水抜きのパイプの中から顔を出していました。のんびりしているように見えたので近づいてみると、すばやく穴の奥へ隠れてしまいました。春を待っていた生き物たちが動き出しているのを感じ、わくわくする毎日です。

撮影場所 ネイチャーセンター駐車場からトンボ池の交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 10:53| 爬虫類

2020年08月16日

慌ててごっつんこ!

200816-nihonkanahebi.jpg

今年産まれでしょうか、とっても小さなニホンカナヘビの幼体に出会いました。成体は口の先から尾の先まで約16〜27cmありますが、この幼体の大きさは約9cmでした。慌てて逃げようとしているせいか何度も壁にぶつかっています。なんだか気の毒になってきたのでそっとその場を離れました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:00| 爬虫類

2020年07月03日

魅惑の正面顔

シマヘビ-NC-20200703-池淵朋華.jpg

しとしと雨の中、草陰で雨宿りをしていたのは赤い目のシマヘビです。鎌首をもたげてこちらを警戒しているようですが、見つめる瞳がなんともキュートです。口元はおちょぼ口で思わずキスしたくなってしまうかもしれませんが、警戒しているシマヘビに近づくのはちょっと危険かもしれません。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 池淵)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:15| 爬虫類

2020年05月05日

ニョロニョロの正体は…?

200505-shimahebi.jpg

ニョロニョロッと斜面をあがっていく細長いものを発見!正体はシマヘビでした。体のしま模様、キリッとした顔がかっこいいです。気温が上がってきたのでヘビたちも元気に活動し始めています。シマヘビに毒はありませんが、観察の森には毒をもつニホンマムシやヤマカガシもいるので観察路からはずれないようにしましょう。

撮影場所 ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
(写真・文 倉知)

★豊田市自然観察の森ネイチャーセンターは現在、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、臨時休館しております(5月31日まで)。森の中の散策はできますが、団体での来訪など「三密」は避け、ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:16| 爬虫類