2019年09月05日

ベビーカナヘビ

190905-nihonkanahebi.jpg

今年生まれの小さなニホンカナヘビを見かけるようになりました。草むらで止まった所を狙って近づき、じっくりと観察させてもらいました。卵から生まれたばかりの小さな体で、すでに尾の先がなくなっています。可愛らしい姿の中に自然界の厳しさを感じました。

撮影場所 カメの交差点
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:08| 爬虫類

2019年07月18日

すっぱくないのかな

ニホンカナヘビ ムネアカオオアリを捕食

ニホンカナヘビがムネアカオオアリを食べています。その後ろで別のニホンカナヘビが、やっぱりムネアカオオアリを捕まえました。食べ終わった後、またムネアカオオアリを追いかけ、三匹のニホンカナヘビがにらみ合いです。アリにはギ酸がありおいしくないと思うのですが、なぜこんなに狙うのでしょうか? ほかにもムシはいるのですが……

撮影場所 シダの交差点からヒキガエルの交差点
 (写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 13:43| 爬虫類

2019年06月13日

ニホンイシガメの受難

ニホンイシガメ

水辺でつぶらな瞳がかわいらしいニホンイシガメを発見、よく見せてもらおうと捕まえると、痛ましいことに、左右の前肢と尾が欠損していました。おそらくアライグマ(特定外来生物)に捕食されかかったものと思われます。今のところ健康そうな様子でしたが、本来の俊敏さはありませんでした。長生きできるよう祈ります。

撮影場所 モロコの交差点
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:53| 爬虫類

2019年04月18日

見つかっちゃった

ヤモリ

バット・ハウス(コウモリ用の巣箱)にコウモリではなく、ヤモリがいました。下からのぞいて見ると、顔だけがこちらに向きました。黄金の眼と目が合いました。まるで、「見つかっちゃった」とでも言っているかのようでした。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 石川)
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:37| 爬虫類

2019年03月05日

まだ眠たい

(2P3054432.jpg

ニホンカナヘビが冬眠から目を覚まし、姿を見かけるようになりました。暖かな日差しを浴びて、気持ちよさそうにしていました。動きを見ていると、いつものような俊敏さはなく、まだ眠たそうな印象を受けました。今年もまた、ニホンカナヘビの落ち葉をかき分ける音が聞こえてくる季節がやってきました。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 石川)
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:34| 爬虫類