2017年05月25日

かわいい迷子のお客さま

ヒメネズミ

研修室の物陰で震えていたのはヒメネズミ。500円玉より少し大きいくらいの、森林にすむネズミの仲間です。樹上でも活動するので、換気孔などから迷い込んでしまったのかもしれません。水や種実類などをごちそうするともりもり食べました。天気が回復したら森にはなそうと思います。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:10| 哺乳類

2017年03月26日

フンの主

170326-nousagijpg.jpg

少し前からネイチャーセンターのつどいの広場でノウサギのフンをよく見かけるようになりました。新鮮なフンが毎日のように確認されていたのでセンサーカメラを仕掛けると、ノウサギの姿が映っていました。後ろ足で立ち上がっている姿がお分かりいただけるでしょうか?カメラに気づいて逃げていくところかもしれません。

撮影場所 ネイチャーセンターつどいの広場
(写真・岡田 文・山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:27| 哺乳類

2017年03月05日

森の主の風格?

ニホンカモシカ

ガサガサと落ち葉を踏んで、目の前に堂々と姿を現したのはニホンカモシカです。ニホンカモシカは個体によって、黒く見えたり白く見えたり茶色く見えたりまだらだったりとバラエティに富んでいますが、今日出会ったのはかなり白っぽい個体でした。じっとこちらを見ながら、ゆっくり遠ざかっていきました。

撮影場所 アベマキの交差点-1からトンボ池の交差点
(写真・文 小池)
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:56| 哺乳類

2017年02月04日

人気の木

170204-musasabinosyokkontofun.jpg

トンボ池の交差点からヤマグリの交差点へ続く上り坂の右手に小鳥の巣箱の掛かったクスノキがあります。このクスノキ、最近ムササビに人気の木となっているようです。クスノキの下にはたくさんの齧りとられた葉っぱと小さな丸いフン(写真ではコナラの葉っぱの上にのっています)が落ちています。夜、ムササビがやってきて食事とトイレをした証拠です。

撮影場所 トンボ池の交差点からヤマグリの交差点
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 13:43| 哺乳類

2017年01月15日

かわいい足跡

170115-nihonrisunoasiato.jpg

積雪の残る森の中へ入ると、すぐに小さな足跡を見つけました。足跡を残した主はニホンリスです。森の中でもあまり見かけないニホンリスがセンターのすぐ近くで活動していることに驚きつつ、足跡をしっかりと観察させてもらいました。写真の上の足跡が後足で指の数は5本、下が前足で指の数は4本です。指の形や肉球まではっきりと確認することができます。

撮影場所 ネイチャーセンターの交差点
(写真・大熊 文・山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:44| 哺乳類