2018年08月30日

どこにいるでしょうか

P8302089(2.jpg

草むらを歩いていると、昆虫がぴょーんと飛びました。飛んだ先をじっくり探してみると、クルマバッタモドキでした。私を敵だと思ったのか、静かにじっとして周りの景色に溶け込んでいました。体の色にそっくりな場所を見つけて、飛ぶものだなと感心してしまいました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 石川)
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:53| バッタ目

2018年08月14日

モデル体型

P8141768(2.jpg

体は細長く、あしが長いショウリョウバッタです。スタイルのよさは、まさにモデル体型です。ジャンプや飛ぶ姿もかっこよく、見とれてしまいました。オスは「チキチキ…」と鳴きながら飛びます。また、体は草の色にそっくりで、上手に草むらに隠れています。ぜひ草むらをじっくり観察して、見つけてみてください。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 石川)
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:31| バッタ目

2018年07月17日

お熱い2匹

180716-fukibattanonakama.jpg

太陽が照りつける湿地の木陰でフキバッタのカップルを見つけました。夏の暑さにも負けないお熱い2匹の邪魔にならないように素早く写真を撮らせてもらいまいした。フキバッタの仲間は成虫になってもハネが短いことが特徴です。写真の2匹も腹部の半分あたりまでしかハネがありません。森でバッタを見つけたらぜひハネの長さにも注目してみてください。

撮影場所 シダの交差点からヒキガエルの交差点
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 11:07| バッタ目

2017年11月22日

バッタも色付く?

171121-kobaneinago.jpg

日当たりのよい草地にコバネイナゴが集まっていました。その中の一匹に背中がピンク色のものがいました。まるでバッタが紅葉したようです。バッタの仲間は稀にピンク色や赤色になるものがいるのでこちらのバッタもその一部だと思われます。かわいらしい色は秋の森にぴったりです。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:04| バッタ目

2017年11月08日

正体判明!

171108-sasakiri.jpg

森の中で耳を澄ましてみると、虫たちの声が聞こえてきます。なかでもジリジリジリ…と普段からよく鳴いているこの声の正体はなんだろう?とわからずにいたのですが、ついにその姿を発見。ササキリというキリギリスの仲間であることがわかりました。しばらく目の前で鳴いてくれて、見つけられたことに喜びを感じた一時になりました。

撮影場所 ダルマガエルの交差点から寺部池観察デッキ
(写真・文 田島)

posted by 豊田市自然観察の森 at 13:03| バッタ目