2021年08月10日

気になるトンボの正体は……

オニヤンマ-つどいの広場-210810-青木泰成.jpg

ネイチャーセンターのつどいの広場で、ときおり大型のトンボを見かけます。普段は飛び回っているので、しっかり観察することができず種類が分かりません。今日も飛んでいたので目で追いかけていると、近くの枝にとまりました!おかげでじっくり観察できオニヤンマと判明しました。しばらくの間、飛んでいるセミやトンボを追いかけては枝にとまるをくり返していました。

撮影場所 つどいの広場
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:39| トンボ目

2021年07月18日

夏色トンボ

オオシオカラトンボーシダの谷ー210718ー青木泰成.jpg

ヨシの湿地やシダの谷でよく見かけるオオシオカラトンボ。6月頃から観察できるトンボですが、よく晴れた夏の空のような青い体に、サングラスをかけたような黒色の複眼のこのトンボは、今の時期にぴったりだと思います。東海地方もようやく梅雨明けとなり夏本番となってきました。暑さ対策をしっかりとしてぜひ探しに来てください。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:44| トンボ目

2021年06月23日

意外と目立たないものです

モートンイトトンボートンボの湿地ー210622ー青木泰成.jpg

トンボの湿地で、未成熟のモートンイトトンボのメスを見つけました。全身きれいなオレンジ色をしています。これだけ目立つ色をしていると、簡単に見つけられるように思いますが実はとても難しく、周囲の色に溶け込んで一度目をはなすと見失ってしまうほどです。ちなみに、成熟すると体は緑色になります。

撮影場所 トンボの湿地
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 17:16| トンボ目

2021年06月03日

スクランブル発進

ヤマサナエーシダの谷ー210603ー青木泰成.jpg

シダの谷の日当たりの良い葉の上に、ヤマサナエがとまっています。葉の上でじっとしていると、すぐ近くを他のトンボが通りかかりました。その瞬間、すごい勢いで追いかけはじめました!成熟したオスのトンボは縄張りをもち、縄張りに入ってきた他のトンボに反応します。見事侵入者を追い払うと、同じ葉の上に戻ってきました。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:49| トンボ目

2021年05月04日

美男美女のカップル

アサヒナカワトンボ-シダの谷-210504-青木泰成2.jpg

シダの谷を歩いていると、アサヒナカワトンボのカップルに出会いました。オスはお腹の先で、メスをがっちりとつかまえています。しばらく観察していると、オスがメスからはなれていき、メスは水面に落ちた枝にお腹の先を押し付けていました。産卵をしているのでしょうか。オスはメスを守るように、すぐ近くの枝にとまっていました。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 青木)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:04| トンボ目