2015年12月18日

カマキリの卵の季節がやってきた!!

151218-ookamakirirannou.jpg

オオカマキリの卵のうを見つけました。カマキリの卵のうはこれからの時期の需要な観察資源です。オオカマキリのほかにはコカマキリやチョウセンカマキリなどの卵のうが観察できます。この卵のうは地上から180センチほどの木の枝に産み付けられていましたが、とても目立つところにあるので鳥に簡単に見つかって食べられてしまいそうです。はたして来年の春まで無事でいられるでしょうか。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 山下)
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:30| カマキリ目

2015年11月25日

森に現る天空の城

151125-ookamakiri.jpg

ネイチャーセンターやトンボの湿地などでカマキリの卵鞘(たくさんの卵が詰まっている塊)をよく見つけるようになりました。この写真の卵鞘はオオカマキリのものです。まるで天空に浮かぶお城のような形をしていました。カマキリの種類によってこの卵鞘の形も違ってきますので、ぜひ探してみてください。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 長縄)
posted by 豊田市自然観察の森 at 12:28| カマキリ目

2015年11月05日

命をかけて

151105-kokamakiri.jpg

ネイチャーセンターの1Fデッキでコカマキリが共食いしていました。よく観察して見てみると食べている方がメス、食べられているの方はオスのようです。交尾をしようとして食べられてしまったのでしょうか。産卵を控え食欲旺盛になっているメスと交尾するのは、オスにとって命がけの一大事業のようです。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 長縄)
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:56| カマキリ目

2015年08月11日

大物ゲット!

150811-ookamakiri.jpg

ユーティリティールームの窓際にふと目をやると、オオカマキリがぶら下がっていました。びっくりして近くに寄って見てみると、オオカマキリよりもずっと小さいクモに捕食されていました。自分よりはるかに大きな獲物なのに、食べることが出来るんだなぁと感心してしまいました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 長縄)
posted by 豊田市自然観察の森 at 13:45| カマキリ目