2021年06月22日

フルーツビュッフェ

ヒメコウゾの実とアオゴミムシの仲間とオカダンゴムシ

6月2日にご紹介したヒメコウゾの実が地面に落ちるようになりました。おいしい実はいろいろな生きもののごちそうです。美しいアオゴミムシの仲間や、オカダンゴムシ、数種のアリの仲間もやってきて、パーティのようです。アオゴミムシの仲間は、アゴで小さな粒を取りはずして食べるところが見られ、その器用さと上品さに感心しました。

撮影場所 ネイチャーセンター
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:09| その他

2021年04月24日

小さなかわいいUFO

210424-zingasagoke.jpg

地面から伸びているのはジンガサゴケの雌器托(しきたく)です。傘の下にある黒くて丸い部分を(さく)といい、中に胞子が入っています。傘の形が陣笠に似ているので、この名前がついたといわれていますが、私には小さなUFOが飛んでいるように見えます。駐輪場横の掲示板の下に生えているので、ぜひ観察してみてください。

撮影場所 ネイチャーセンター駐車場
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:14| その他

2021年04月13日

葉っぱの裏で雨宿り

210413-nanahusimodoki.jpg

雨がパラパラ降る中、シダの谷をゆっくり散歩してみました。葉をめくったり、枝の付け根から先までじっくり見たりすると、普段見逃していた素敵な生き物に出会えることがあります。今回は葉の裏でじっとしているナナフシモドキの幼虫に出会いました! 脚(あし)や頭に水滴がついていましたが、そこなら雨をしのげそうです。

撮影場所 シダの谷
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:36| その他

2021年03月13日

まんまるタマゴケ

210313-tamagoke.jpg

今年もタマゴケから真ん丸な朔が出てきていました!この玉の中には胞子が入っています。出たばかりの朔は淡い黄緑色をしており、見た目が青りんごのようなので、英語ではApple mossと呼ばれています。成熟すると胞子を出す部分が赤っぽくなり、青りんごよりも目玉のような見た目に変わっていきます。どちらの姿もかわいいです。
 
撮影場所 キビタキの交差点から上池の交差点
(写真・文 倉知)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:11| その他

2021年02月06日

紅白きのこ合戦

アラゲカワラタケとヒイロタケ

一か所に紅白そろったのは赤がヒイロタケ、白がアラゲカワラタケ、きのこは菌という存在のうちのわずかな一部分で、この倒木の内部は本体である菌糸(管状の細胞のつらなり)がすみずみまで存在し、めでたそうな見た目とは裏腹に2種の菌による源平の合戦さながらの覇権争いが行われていると予想されます。実は、手に汗握る光景です。

撮影場所 ヤブムラサキの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 12:29| その他