2021年01月12日

ヤマナメクジらが旅に出る理由

ヤマナメクジ

冷たい雨の降りやんだ間に、ゆったりと這うヤマナメクジと出会いました。2016年12月にもご紹介しており、かれらが真冬に越冬場所(図鑑によれば樹木の穴など)から、何らかの理由で出てきて移動することはたびたびあるようです。この寒空の下、どんな理由があって旅に出るのでしょうか、訊けるものならば訊いてみたいものです。

撮影場所 ヒメタイコウチの交差点からセミの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。当面の間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:35| その他

2020年12月24日

ネジキのサンタクロース

名称未設定 4.jpg
木の枝先をよく見ると、冬芽と葉痕が人の顔に見えることがあります。クリスマスイブの今日、真っ赤な帽子をかぶって可愛く微笑むサンタクロースの顔を見つけました。森には他にも個性豊かな冬芽があります。ぜひ自分のお気に入りの冬芽を見つけに来てください。

撮影場所 バッタの原っぱ
(写真・文 池淵)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 14:55| その他

2020年12月16日

森の冬化粧

IMG_6706 (5).jpg
早朝から降り続いた雪が観察の森をうっすらと白く染めました。常緑の葉と白い雪のコントラストもはっと目を引く美しさですが、紅葉と白い雪のコラボレーションも期間限定の美しさです。太陽の光を受けてキラキラと輝いた雪は昼頃にはすっかり溶けてなくなりました。

撮影場所 レキの交差点
(写真・文 池淵)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:57| その他

2020年12月12日

コナラの錦 山のまにまに

コナラ 紅葉と黄葉

紅葉・黄葉が美しい木といってコナラの名を挙げることはあまりないように思いますが、それぞれの株やその年の気候によってはおどろくほどの美しさを見せてくれます。葉の色は、赤みの強い株、黄みの強い株、すぐに茶色になる株など個性があります。今年は落葉が少し遅いようで、少なくともあと一週間ほどは楽しめそうです。

撮影場所 ヒキガエルの交差点・レキの交差点
(写真・文 小池)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 15:47| その他

2020年11月26日

優しい赤

IMG_6100.jpg
茶色の落ち葉の中で夕焼け色の葉が目に飛び込んできました。翼(葉軸にあるヒレのようなもの)があるのが特徴のヌルデです。他のウルシの仲間の紅葉よりも優しい色合いでうっとりしてしまいます。
ヌルデは古くから人に利用されてきた樹木で、葉の虫こぶはお歯黒の原料として使われたそうです。来年は虫こぶを探して、お歯黒との関係を探ってみたいと思います。

撮影場所 外周
(写真・文 池淵)

★新型コロナウイルス感染症の予防、感染拡大防止のため、ご来場の際は屋内・屋外かかわらずマスクを着用ください。しばらくの間、ご飲食可能なスペースは1階屋上デッキのみといたします。ルールを守って安全にご利用ください。ご理解とご協力をお願いいたします。
posted by 豊田市自然観察の森 at 16:31| その他